車査定の学習帳

下取り金額と新車値引き額の合計で得かどうかを判断しましょう

持っている古い車を下取りに出して新車を購入する時は、支払うことになる総額を確かめるだけではなく、それぞれの項目を調べて各項目が適正なものであるのかを確認することが必要です。

不要なものが入っていたり、他店を利用した方が得をするものなどを見付けられる可能性があります。明細書の見方が分からなかったり疑問に思う箇所がある時は、販売を担当する人に説明してもらうようにします。特に古い車の下取り額と新車の値引き額については、詳しく見てみるようにしなくてはなりません。

中古車買取店の査定額よりも下取り価格が高い場合でも、その分だけ新車の値引き額が少なくなっていることもありますので、下取り額と値引き額を合わせた金額で得しているのかを判断をする必要があります。

古い車の価値は中古車買取店などで査定をしてもらえば具体的な金額が出てくるために、それよりも高い金額を下取り価格にすれば、下取りをした方が得な感じがしてお客を喜ばせられます。しかし、その下取り金額分は新車値引き額から来たもので、下取り額が増える代わりに新車値引き額が減っているだけのこともあります。

どのようにして新車を購入するのが一番良いのかを具体的に判断するためには、下取りをしてもらわずに新車だけを購入する場合の見積もりも作成してもらって、最も高い金額で買い取ってくれる中古車買取店の査定額と値引き額を合計したものが、下取りをした場合とどちらが得になるのかを比較してみると良いでしょう。

もしも、中古車買取店を利用した方が良いのであれば、下取りしてもらうのをやめて新車だけを購入すれ金銭的には大いに得をすることができますし、そのことを具体的に示して下取り額や新車値下げ額をさらに検討してもらうように依頼をすることもできます。

このように、一見得に見えるようなことでも、さまざまな角度から見てみることで、あまり得をしている訳ではないことが分かることもあるのです。

▲ TOP