車査定の学習帳

廃車手続きの仕方

乗らなくなった車は中古車買取店などに買い取ってもらうのが一番ですが、あまり価値のない車の場合は廃車にした方が良い場合もあります。

廃車になった車はナンバープレートが取り外されてもう運転することができなくなりますが、車の登録自体を抹消するため自動車税などの税金を支払う必要がなくなります。

専門の業者に頼んで廃車にしてもらうことも可能ですが、書類などを用意して陸運局で手続きを行えば個人でも廃車にすることができます。

廃車には一時的に車の使用を中止する一時抹消登録と、車の登録を完全に抹消する永久抹消登録がありますので、もう二度と使わない車を処分する場合は永久抹消登録をすることになります。

廃車にするにはまず車を自動車解体業者に依頼をして、車を解体してもらいます。車を解体するのに時間が掛かることもありますので、事前に解体業者に連絡をして解体に要する時間を聞いておいたり車を持って行く日時を指定しておけば、計画的に行動をすることができます。解体が終わりましたら、廃車手続きに必要となる解体証明書と車のナンバープレートをもらうようにしないといけません。

次に、解体した時に入手したものと、印鑑証明書・印鑑・住民票・車検証などを持って廃車手続きをするために陸運局に行きます。陸運局では、抹消登録申請書と手数料納付書に必要なことを書いて、ナンバープレートや用意した書類などと一緒に窓口に提出します。

提出したものに問題がなければ、申請が受け付けられて抹消登録申請書が渡されます。その後、自動車税事務所で自動車税の抹消申告をするために、申告用紙に必要事項を記入すると、廃車に関する手続きは完了します。

このように誰でも簡単に廃車手続きをすることができますが、車のローンを完済していない場合は、車の所有権はローン会社にありますので勝手に処分することができません。車が誰のものなのかを確かめてから、廃車の手続きをとる必要があります。

▲ TOP