車査定の学習帳

走行距離はどれぐらい査定額に影響するのか

車は走れば走る程、部品が傷んでしまって故障したり性能が悪化する確率が高くなります。簡単に交換可能な部品であれば新しい部品に変えれば良いのであまり問題とはなりませんが、交換することのできない車体そのものもダメージを受けることになりますので、長い距離を走った車の価値は下がってしまいます。

中古車の購入する一般の人たちも、車の品質の目安としてどの位の距離を走った車であるのかを重要視しており、走行距離の多い車は敬遠する傾向にあります。ユーザは中古車にも、安心して長く乗ることができる車を求めていますので、できるだけ走行距離が少なくて状態の良い車を買いたいと考えているのです。

そのため、買取店などが車の価値を決める査定では、車の型式や車検までの期間などの複数の項目を調べて買取り額が決まりますが、走行距離よっても査定額が大きく変わって来るのです。

1万km増えれば10万円の差に

査定では走行距離が3万km以内であれば良い評価を受けることができますが、5万kmを超えた辺りから厳しい評価となって来ます。

それ以上の7万kmや10万km以上の走行距離になると、走り過ぎの車であると判断されて大変に厳しい評価を受けることになって、車種やメンテナンスの状況によっては、ほとんど価値がないと評価されることもあります。

具体的な走行距離についての査定方法は中古車買取店ごとに違いますが、走行距離が1万km増えれば10万円以上も査定額が下がってしまうこともあるのです。

新しい車を購入する際に、古い車を売って得られるお金を当てにしているのでしたら、走行距離が増え過ぎて車の価値が極端に落ちてしまう前に、車の買い替えをすることを考えた方が良いでしょう。

走行距離は誰でも簡単に確認することができますから、日頃の運転状況からある程度は何年位先に5万kmや7万km到達するのかを予測することも可能ですので、車の買い替えなども計画的にすれば資金のやりくりに慌てることもなくなります。

▲ TOP