車査定の学習帳

純正以外のカーナビやカーオーディオは査定にどう響く?

カーナビやカーオーディオなどのオプション装備も、中古車の査定に影響を与えるものです。

これらのオプション装備には車のメーカーが用意をしている純正品と、車のメーカー以外の会社が市販している純正品以外のものに区別をすることができます。純正品は最初からその車に装備をすることを前提に作られていますので、車体と一体になって違和感を感じさせません。

一方、市販のオプション品は、車内に取り付けると全体的な統一感を壊すこともありますが、カーナビやカーオーディオなどを専門とする会社が作っていますので、高機能で品質のようい商品がたくさん販売されています。

基本的には、これらのオプションは純正品の方が中古車買取店などの査定で良い評価を受けますが、正常に動作をして問題なく使えるものでなくてはなりません。

壊れていたり正しく動作しないようなものでは、純正品であっても査定でマイナスの評価をされることになります。

修理は無駄になる

査定を受ける前には、カーナビやカーオーディオの全ての機能が問題なく使えるかを確かめておく方が良いでしょう。しかし、査定のために修理をしたり新しい装備に変更をしても、掛かった費用程は査定額が上がることは期待できませんので、慌てて装備を直すことはあまり意味がありません。

そして、オプションは純正品かどうかの他に、新しくて高機能のものが高く評価をされます。オプション品は、次々と豊富な機能を備えた新しい機種が販売されますので、数年経つとそれまでの最高機種も時代遅れの機種になってしまうことも珍しくありません。

古いカーナビの場合は使っている地図が古くて、新たしくできた道や施設が登録されていないこともありますし、目的地の検索方法の種類なども少なくて使いづらいこともあります。また、スマートフォンなどと連携して使うには、別途機器を購入しなくてはならいこともあります。そのため、できるだけ新しくて高性能のオプション品であれば、査定でも良い評価を受けるのです。

▲ TOP