車査定の学習帳

車検を通してから車を売った方が得?

中古車を販売しているWEBサイトや雑誌などを見てみると、同じ車種で同じ条件の車であれば次の車検までの期間が長い程、価格が高くなっているのが分かります。これは、中古を買っても車検の時期が短いと、その分余計に費用を負担しなくてはなりませんので、中古車の価値が下がってしまうのです。

そのため、乗っている車を売却する時は、車検を通してから買取りに出した方が高い価格で売れると考えがちですが、車検費用ほど価格が上昇することはありません。中古車買取店などでは、一般の人の車検費用よりも安い金額で車検をすることができるので、車検の残っている期間は買取の査定に、あまり関係しないのです。

車検意外で高額査定を目指そう

車検のことを気にするよりも、走行距離や車の状態などの方が査定額に影響しますので、車の売却をする意志を固めたのでしたら、車の状態が良い内に早く買い取ってもらうようにした方が良いでしょう。

車を運転していると思わず車体にキズを付けてしまったり、車内を汚してしまって車の価値を下げてしまうことになります。査定をしてもらう時に、掃除をしたりして汚れを取ってきれいにするのは当然ですが、査定の評価を良くしようとキズを直したり古い部品を新しい部品に取り替えても、掛かった費用を回収できる程、査定額が上がることは期待できません。

車検と同様に、中古者買取店では個人ではマネのできないような独自の方法で車の修理や点検を行いますから、キズなどがあっても、そのままの状態で査定をしてもらった方が、お金を無駄にすることがないのです。

しかし、中古車買取などに査定をしてもらう前は、車検の時期や車の状態を全て確認をしておいて、査定が妥当なものであるかをチェックできるようにしておく必要があります。数多く査定をしている買取店の人でも間違いをする可能性がありますので、おかしいと思った箇所については事前に調べておいたことと比較をして、事実関係を明らかにできるように準備しておく必要があります。

▲ TOP