車査定の学習帳

煙草やペットのニオイ消しのコツ【車をキレイにして査定額アップ】

車の中は狭い上に密閉されているためにさまざまなニオイが気になりますが、車内で煙草を吸ったりペットを乗せると、それらのニオイがいつまでも消えないこともあります。このようなニオイのする車は、中古車店などの査定においてニオイの分だけ査定額が下がることになります。

煙草を吸っている人やペットの飼い主は、あまりニオイを気にしないかも知れませんが、他の人にとっては車内のニオイはかなり気になりますから、ニオイのする車を買取ったお店では、ニオイを消すための作業をする必要が生じるので査定額に影響が出るのです。煙草やペット以外にも、魚釣りをしたために魚のニオイがしたりシートなどに食べ物なのを落としてニオイがすることもありますので、車を売却しようと考えた時は、車内のニオイを消すように努力する必要があります。

日常的に使っている車のニオイは分かりにくいので、あまり車に乗せたことのない人に確かめてもらうと、車内のニオイのことが良く分かるでしょう。

消臭剤でニオイ取り

シートなどのニオイを取るためには、きれいなタオルなどでシートの汚れをできるだけ取り除いてから洗剤を使って掃除をして、最後にタオルで洗剤を拭き取るようにします。これで、表面に付いたニオイのもとは取り除くことができます。

シートに何かこぼした覚えがなくても、煙草の煙や汗などが染み込んでいることがありますので、シートを念入りに掃除することでニオイが改善されます。

シートを掃除しても取れないニオイに関しては、車のエアコンを入れてから車内全体に消臭剤を撒きますが、消臭剤の種類によっては革などにかけてはいけないこともありますので、禁止されている箇所については避けるようにします。消臭剤の効果は、2〜3日程度してから実感できることが多いので、車の査定の日に合わせて消臭剤を使います。

そして、車内のニオイを消すことに成功しましたら、査定が済んで車を引き渡すまで、煙草やペットなどのニオイの原因となるものは車内で控えるようにして、車内にニオイが残らないようにします。

▲ TOP