車査定の学習帳

車を売って得た利益に税金は掛かる?

車は年々価値が下がって行きますので車を売却する時は、購入した金額よりも低い買取額が提示されるのが普通ですが、まれに購入した金額以上の買取額が出ることがあります。

これは、売ろうとする車の販売台数が少ないために価値が出たのか、人気のある車種でなかなか手に入らないために価値が出るなど、さまざまな理由が考えられますが、取引を行って利益が出た場合は税金について考えなくてはなりません。

基本的には車の売却によって利益が出た場合は、車の用途によって譲渡所得となって課税の対象となったり、非課税となったりします。

課税の対象となるのは、車を仕事のために使っていたり、レジャーのために使っていた場合です。税額については所有していた期間によって異なっていて、5年以内しか所有していなかった車は5年を超えて所有した車を売却した場合によりも多くの税金を支払うことになっています。

利益として手にすることができるのは税金分を引いた金額となりますので、税金を支払う分のお金は残しておかなくてはなりません。税金のことを考えずに、車を売ったお金を全て使ってしまうと、税金を納めることができずに困ったことになってしまいます。

非課税となるのは、通勤や買い物のために使っていた車を売却して利益が出た場合です。いくら利益が出ようと、通勤用などの車であれば税金を払わなくても構わないことになっています。

そして、ものやサービスを売却した際に生じる消費税については、業務用の車を売却した時には売った価格に応じた消費税が課税されることになっていますが、通勤用とレジャー用の車に関しては消費税を支払う必要はありません。

このように車の用途や所有していた期間によって、税金を支払わなくてはならなかったり課税の対象外となったりしますし、いくつもの注意事項などもありますので、車の売却に関連する法律を良く調べたり専門家の相談するなどして、適切な対応をする必要があります。

▲ TOP