車査定の学習帳

車を売りに行ったらその場で現金で払ってもらえる?

中古車買取店に車を売る場合は、買取店が実際に車の査定をしてから買取り金額の提示が行われて、その金額で満足するのであれば売買契約が成立して車を売却するという手順になります。

契約をするためには、車検証・自動車の脳全証明書・実印などが必要となりますので、事前にそれらを用意しておけば円滑に売却の手続きを進めることができます。

しかし、車の所有権を移行するには、その後買取店側でさまざまな書類上の処置などを行わなくてはなりませんので、車が買取店のものになるのには少し時間が掛かります。そのため、契約が成立して車を買取店が持って行っても、車の代金が手元に入るまでには少し時間が掛かります。

通常は、契約が成立してから一週間以内に、指定して銀行口座に振り込まれることがほとんどです。どの位でお金が振り込まれるのかは、買取店によって違いますので、売却をする時に確かめておく必要があります。

このような手順で買取店との間で車の売却が行われるのが一般的ですが、すぐに車を売ったお金を現金で貰いたい人のために、その場で車の代金を現金で支払ってくれる買取店もあります。

銀行にお金が振り込まれるのを待たずに済みますが、その分査定額が低くなることも承知しなくてはなりません。早く車の代金を支払う分だけ買取店の負担となりますので、銀行振り込みの買取店よりも安く車を買取ることになるのです。

また、現金で支払う買取店が少ないために他のお店と買取金額で争う必要もなくなりますので、無理に高い価格で車を買い取る必要もないのです。そして、買取る車に何か問題があった場合には、買取店が全面的に責任を負わなくてはならないので、車の状態が良くない場合などは現金払いではなく銀行振り込みしかできないと言われる可能性もあるとに注意しなくてはなりません。

このようなことを考慮した上で、現金払いのお店をと銀行振り込みのお店のどちらを選ぶのかを決めることが大切です。

▲ TOP