車査定の学習帳

人気のない色・査定額が下がる車のカラー

車の色にも人気のある色と人気のない色とされるものがあって、人気のある色は白・黒・シルバーなどの地味な色で、人気のない色は赤や黄色などの原色となっています。地味で無難な色であればどのような用途に使えますが、原色の派手な色の車では使い道も限られてしまいます。

そして、車の色が人気のあるものとないものでは同じ車種であっても、買取や下取りの査定で大きく差が出てしまいます。これは、人気のある色の車は買いたいと思う人もたくさんいるために中古車の価格を高く設定しても売れるのですが、人気のない色は買い手も少ないために価格を低めに設定をしなくてはならないからです。

このようなことを色が査定額に影響が出ることを理解していないと、キズや凹みなどない状態が良い車なのに相場よりも低い査定額しか出てこないと疑問を感じてしまうことになります。

売るときの査定額を考えるなら不人気カラーは選ばない

不人気の色の車を査定してもらう時は良い評価をしてもらうことが難しいのですが、なるべく色のことは触れないようにして、走行距離の少ないことやキズのなさなどを積極的にアピールするようにします。

その他にも、査定前に車をきれに洗車してワックスをかけておいて車内も整理整頓しておくなど、車の状態を良くするようなことを可能な限りしておけば、査定額を高くすることが可能となります。人気のない色であることは、どうしようもありませんので、それ以外のことで魅力的な車にするしかありません。

このように人気のない色の車は売却する時に高い評価を得るのが大変なのですが、人気のない色は高く売れないからと、好きでもない売れる色の車を買ってしまっては、車を見るたびに面白くない思いをしてしまいます。

それでは、何のために車を買ったのか分からなくなってしまいますから、車を購入する時は売る時のことは考えずに、好きな色の車を買えば良いのです。好きな色の車に乗れば車を丁寧に扱うために、いつまでの車の状態も良いままで、高く売却できる可能性もあります。

▲ TOP